ラグビーワールドカップ 閉幕

11月2日、新横浜にてラグビーワールドカップ勝戦である、イングランドvs南アフリカが行われ、32対12で南アフリカが勝利し、見事ワールドカップ王者に輝いた。

 

前半はお互いにキックで得点を重ねるという展開であったが、後半の中盤で南アフリカが両チーム初トライを決め、その後もトライを決め、イングランドをノートライにおさえた。

 

しかし、両チームとも決勝戦にふさわしい戦いを見せてくれ、世界中のファンは多いに盛り上がっただろう。

 

また、この1ヶ月半の大会期間で多くの人が、ラグビーのとりこになっただろうし、特に、日本が初めて決勝トーナメント進出したことは、今後の日本ラグビー界にとって明るい話題となるのは間違いない。

 

多くの外国人が日本に訪れ、素晴らしい試合の数々を目の当たりにしただろう。

 

次回の2023年フランス大会でも、今大会以上の盛り上がりをみせ、また、各国、世代交代が行われるので、戦力がどのように変化するのもみてみたいものだ!