ラグビーワールドカップ 2日目・3日目

日本対ロシアの開幕戦の後は、強豪国の対決が数多く見られた。

 

その中でも注目の2試合は、ニュージランド対南アフリカアイルランドスコットランドであっただろう。

 

ニュージランド対南アフリカは、実質上の決勝戦とも言われており、世界の最高峰のプレーを多いに見せ、約6万人のファンは興奮しただろう。

 

試合は、ニュージランドが前半に2トライを奪い、後半に南アフリカが1トライを返すも23対13でニュージランドが勝利した。

 

もうひと試合は、日本と同じプールAにいるアイルランドスコットランドである。

 

アイルランドは世界ランクNo.1のチームでありスコットランドは前回大会で日本に勝利している。

 

アイルランドはパワーを重視してスクラムで押してトライをとるスタイルで前半からトライをとっていく。

 

スコットランドも何とかトライを取ろうとするが、結果は27対3で勝利し、スコットランドはノートライとなった。

 

次戦は日本と対戦するので、日本は強敵との戦いをどうするかが注目だろう。

 

まだまだ続く熱い戦いに、ファンは酔いしれることだろう!