ラグビーワールドカップ開幕

9月20日(金) 日本でラグビーワールドカップが開幕した。

 

その開幕ゲームは、開催国の日本vsロシアが東京スタジアムで行われた。

 

日本は前回大会の南大会で、南アフリカを倒すジャイアントキリングを見せ、日本のファンを多いに沸かすことができた。

 

今大会では、前回大会を上回るベスト8を狙っている日本にとっては、大事な初戦である。

 

ゲーム展開は、いきなりロシアに先制トライを奪われたる苦しいものとなったが、松島幸太郎選手のトライが前半で2トライを奪い、12対7とする。

 

後半も日本の勢いは衰えることはなく、松島選手が、日本代表としては初のハットトリックを決めるなど攻撃の手をゆるめず、30対10で初戦を終えた。

 

大事な初戦を勝つことができたのは、日本にとっては大きな要因だろう。

 

ここから始まる約45日の戦いで、世界のラグビーファンを多いに楽しませてくれる大会になることは間違いない!