バスケットワールドカップ アメリカ代表

中国で行われているバスケットのワールドカップにて、バスケット大国であるアメリカが、セルビアに敗れるという波乱が起きた。

 

前日のフランス戦でも敗れて、国際大会での連勝記録が48でストップしたばかりだったであり、更に連敗と負の流れを止めることができなかった。

 

アメリカは、2006年の大会でギリシャに敗れて以降は、五輪での3度の金メダル、W杯での2度の優勝と無敵の存在となっていた。

 

しかし、今大会の登録選手は、2番手選手と言われており、一番手の選手が数多く辞退したことも敗因だとも言われている。

 

あと1年後に迫った東京五輪で、再び強いアメリカを観たいファンのためにも復活してほしい!