バスケット日本代表 ワールドカップ

中国で行われているバスケットワールドは、日本代表は3戦全敗で一次ラウンド敗退となり、順位決定戦でニュージランド代表と対戦した。

 

ニュージランドは世界ランキング38位と日本の48位と格上の相手であったが、81対111と30点差をつけられての完敗であった。

 

この試合では、八村選手や篠山選手がコンディション不良となり、ベストメンバーでの戦いができない状況であった。

 

試合後には、渡邉選手が報道陣に質問に対し、日本代表として恥となる内容と答え、4戦目で最多失点のことを語っていた。

 

まだ、順位決定戦は続くので、気持ちを切り替えて頑張ってもらいたい!