八村塁 サマーリーグ

NBAドラフトで日本人初の1位指名をウィザーズから受けた八村塁選手が、サマーリーグでも活躍した。

 

八村は、ペリカンズとの一戦に先発出場を果たすと、開始して約1分でシュートを放ち初得点を決める。

 

前半は、シュート7本のうち1本しか決まらなかったが、ブロックなどの守備での活躍も光った。

 

後半には、豪快なダンクシュートを決めるなど14得点、5リバウンド、1アシスト、2ブロックと個人としても活躍し、チームの勝利に貢献した。

 

全体ドラフト1位のウィリアンソン選手が、この日は欠場したため、注目対決は持ち越しとなった。

 

彼のNBA生活は始まったばかりで、今後の活躍には大きく期待されている。