全仏オープンテニス ベスト8

錦織圭が、全仏オープンテニスのベスト8に登場し、ナダルと対戦したが、セットカウント3対0で敗れた。

 

錦織は、前日に順延となったペール戦の接戦を制して、ナダルとの対戦に挑んだため、3日連続というハードなスケジュールとなった。

 

また、対戦相手のナダルは、全仏オープン11度の優勝という、クーレーコートの王者となっている。

 

ナダルは錦織を手前や奥に揺さぶったり、サービスエースを奪ったりと、終始試合を支配していた。

 

これで、錦織の全仏オープンは優勝したが、次のメジャー大会であるウィンブルドンに期待したい。