石川遼 中日クラウンズ 棄権

令和元年の最初の大会である、中日クラウンズに出場していた石川遼が、プロ生活で初めて棄権をすることになった。

 

腰痛に悩まされており、開幕戦の東建ホームメイドカップも出場していなかった石川は、この試合が今季の初戦であった。

 

しかし、初日は、思うようなプレーができず、8オーバーと苦戦を強いられていた。

 

2日目の今日も会場には姿を見せたが、結果、棄権を選択せざるを得ない状況であった。

 

ハニカミ王子として平成のゴルフ界を牽引してきた彼の今後の様態を気にかけるファンは多いだろう。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-05030106-nksports-golf