フィギュア世界選手権 羽生結弦 銀メダル

男女フィギュアスケートの世界選手権が行われ、男子では怪我から復帰した羽生結弦が、ショート3位からフリーに挑んだ。

 

首位のネイサンチェンを猛追する素晴らしい演技を披露し、フリー200点超えを見せ、ショートとフリーの両方で今季世界最高得点を披露した。

 

しかし、ショート首位のネイサンチェンも羽生に負けじと素晴らしい演技を披露し、フリーでも羽生を超える216点をたたきだし、首位を譲ることなく完全優勝を果たした。

 

また、宇野昌磨もショート6位からの逆転を狙ったが、惜しくも表彰台には届かなかった。

 

女子では、日本選手権とグランプリファイナルで優勝した紀平梨花に注目が集まったが、結果は4位であり、優勝は不調で苦しんでいたロシアのザキトワだった。

 

フィギュアスケート界も、世界各地で新たなスターが誕生しているため、次回の北京オリンピックでの代表候補も熾烈な戦いになるだろう。

 

日本語記事

https://hochi.news/amp/articles/20190323-OHT1T50222.html

 

English Article 

https://www.japantimes.co.jp/sports/2019/03/24/figure-skating/nathan-chen-defends-world-title-spectacular-free-skate-yuzuru-hanyu-claims-silver-medal/#.XJdI5qRcWEc