錦織圭 シングルス準決勝敗退

オランダのロッテルダムで開催されているABN・AMROワールドのシングル準決勝にでた錦織圭はワウリンカと対戦し、セットカウント2対1でワウリンカが勝利した。

 

グランドスラム3度優勝の貫禄をしめしたワウリンカは、今大会は主催者推薦で出場しており、左膝の手術を乗り越え、17年6月の全仏オープン以来の出場であった。

 

実践感覚にブランクがありながらも、錦織との戦いを制し、決勝へ進出した。

 

ワウリンカは、試合後、世界で偉大なプレイヤーの人であると錦織を賞賛していた。

 

日本語記事

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190217-00052044-theanswer-spo

 

English Article 

https://www.japantimes.co.jp/sports/2019/02/17/more-sports/tennis/stan-wawrinka-upsets-top-seeded-kei-nishikori-reach-final-rotterdam/#.XGlOTqRcWEc