小平奈緒 連勝記録が37でストップ

平昌オリンピックの金メダリストの小平奈緒が、世界距離別選手権の500mに登場。

 

37秒20のタイムとなり、全体2位となった。

 

この結果、2016年からの約3年間で積み上げてきた連勝が37でストップした。

 

連勝できるというのは、並大抵の努力と併せて、その時のコンディションが良かったり、運が味方してくたりなど、様々な要因が加わると思う。

 

また、日本の女子スピードスケート界を牽引している一人であることに間違いはなく、連勝は止まったが、ここからの再スタートである。

 

次回の北京オリンピックにて、また、金メダルをとり、最強小平奈緒を証明してほしい!

 

日本語記事

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000057-spnannex-spo

 

English article 

https://www.japantimes.co.jp/sports/2019/02/09/more-sports/winter-sports-more-sports/nao-kodairas-37-race-unbeaten-streak-500-meters-ends/#.XF6JIKRcWEc