NIKEシューズ 試合中に破損

アメリカの大学バスケットボールの試合で、NIKEシューズを履いた選手が、負傷するアクシデントに見舞われた。

 

アクシデントに見舞われたのは、デューク大学ザイオン・ウィリアムソン選手。

 

試合開始わずか36秒でゴール前で足を滑らしたそぶりをみせたが、そこで、靴の底が壊れて、そのまま、うずくまってしまった。

 

また、この彼は、今年の6月ドラフトでは1位候補といわれており、この負傷により、NIKEに批判が殺到しているという。

 

この試合には、前大統領である、バラク・オバマ氏も観戦に来ていた。

 

日本語記事

http://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/16057136/

 

English Article 

https://www.japantimes.co.jp/news/2019/02/22/business/nike-damage-control-basketball-stars-shoe-shreds-marquee-game/#.XG_5eqRcWEc

パリ五輪 種目の発表

2024年のパリオリンピックで行われる競技の一部が発表された。

 

2012年のロンドンと2016年のリオデジャネイロでは行われていなかった野球やソフトボールは、2024年のパリでも行われないことが発表された。

 

2020年の東京で復活したにも関わらず、また、消滅することになった。

 

その他の競技としては、スケートボード、サーフィン、スポーツクライミングなどもパリオリンピックの競技から外されることになった。

 

パリオリンピックで追加される競技としては、ブレークダンスが候補に上がっている。

 

正式決定は、今年の6月になるようだ。

 

日本語記事

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000084-mai-spo

 

English Article 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000084-mai-spo

大坂なおみ ドバイオープン

世界ランク1位の大坂なおみが、ドバイオープンの初戦に挑んだが、ストレート負けを喫した。

 

この試合は、サーシャコーチとのコンビを解消してから、初めての試合であった。

 

試合は、終始、相手のペースで進み、大坂も際どいコースを狙うが、これがことごとくアウトになるという歯車が噛み合わない状況だった。

 

世界ランク66位のクリスティーナ相手にわずが1時間あまりで、試合を終えることになった。

 

サーシャコーチとのコンビを解消した直後の試合であっただけに、周囲からは色々と言われている。

 

次回のパリバ・オープンまでに新コーチを決めるため、ここからまた再始動となる。

 

日本語記事

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00010001-wordleafs-spo

 

English article 

https://www.japantimes.co.jp/sports/2019/02/20/more-sports/tennis/naomi-osaka-falls-apart-second-round-dubai-championships/#.XG041qRcWEc

錦織圭 シングルス準決勝敗退

オランダのロッテルダムで開催されているABN・AMROワールドのシングル準決勝にでた錦織圭はワウリンカと対戦し、セットカウント2対1でワウリンカが勝利した。

 

グランドスラム3度優勝の貫禄をしめしたワウリンカは、今大会は主催者推薦で出場しており、左膝の手術を乗り越え、17年6月の全仏オープン以来の出場であった。

 

実践感覚にブランクがありながらも、錦織との戦いを制し、決勝へ進出した。

 

ワウリンカは、試合後、世界で偉大なプレイヤーの人であると錦織を賞賛していた。

 

日本語記事

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190217-00052044-theanswer-spo

 

English Article 

https://www.japantimes.co.jp/sports/2019/02/17/more-sports/tennis/stan-wawrinka-upsets-top-seeded-kei-nishikori-reach-final-rotterdam/#.XGlOTqRcWEc

錦織圭 準決勝進出

オランダのロッテルダムで行われている、ABNアムロ世界テニス・トーナメントのシングルス準々決勝に出場した錦織圭が、ハンガリーのフチョビッチに勝利した。

 

勝利した錦織は、準決勝で世界ランク8位のワウリンカと対戦することになる。

 

また、この準々決勝で勝利した錦織は、フェデラーを抜いて、世界ランク6位になることが決定した。

 

錦織とワウリンカの対戦成績は、4勝5敗とほぼ五分であり、今回の対戦ではどうなるのか⁇

 

今年こそ、メジャー大会での優勝も期待したい!

 

日本語記事

https://news.tennis365.net/news/smartphone/today/201902/122599.html

 

English article 

https://www.japantimes.co.jp/sports/2019/02/16/more-sports/tennis/kei-nishikori-advances-semifinals-rotterdam/#.XGgc46RcWEc

大坂なおみ サーシャコーチとの関係解消

女子テニス世界ランキング1位の大坂なおみが、コーチのサーシャとの関係を解消した。

 

全米オープン全豪オープンの2つのメジャー大会を制した彼女の躍進には、彼の存在が大きく関わっていた。

 

サーシャは、彼女の基準面だけでなく、メンタル面のサポートにも注力していた。

 

試合中に彼女が不機嫌になったときは、ポジティブにもっていけるようアドバイスして、前向きにプレーができるようにしていた。

 

大坂の活躍もあり、彼は年間最優秀コーチを昨年12月に受賞した矢先の出来事だった!

 

彼女の活躍も気になるが、彼が今後、育てる選手が大坂のように力強くなり、彼女と再戦でにることを期待する。

 

日本語記事

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/02/12/kiji/20190212s00028000085000c.html?amp=1

 

English article 

https://www.japantimes.co.jp/sports/2019/02/12/more-sports/tennis/no-1-naomi-osaka-splits-coach-sascha-bajin-two-weeks-bagging-second-major-title/#.XGQlJ6RcWEc

池江璃花子 白血病を発表

東京オリンピックでメダルが期待される、競泳の池江璃花子が、自身のTwitter白血病であることを発表した。

 

オーストラリア合宿中に体調不良を訴え、帰国していた彼女であったが、検査結果は白血病であることが判明した。

 

医師曰く、早期での発見でいうこともあり、治療に専念し回復することが、まずは大前提である。

 

また、このニュースは日本だけでなく、海外でも話題となっている。

 

若き実力のあるスイマーを襲ったこの試練を乗り越えて、彼女の強い姿を見られる日を待ち望んでいる人は数多くいる。

 

病魔に打ち勝ち、元気な姿で東京オリンピックへ挑戦する姿が見られることを祈るばかりです。

 

日本語記事

https://www.daily.co.jp/general/2019/02/12/0012058983.shtml?pg=amp

 

English Article 

https://www.japantimes.co.jp/sports/2019/02/12/more-sports/swimming/star-japanese-swimmer-rikako-ikee-star-announces-leukemia-diagnosis/#.XGK5y6RcWEc

池江璃花子 白血病を発表

東京オリンピックでメダルが期待される、競泳の池江璃花子が、自身のTwitter白血病であることを発表した。

 

オーストラリア合宿中に体調不良を訴え、帰国していた彼女であったが、検査結果は白血病であることが判明した。

 

医師曰く、早期での発見でいうこともあり、治療に専念し回復することが、まずは大前提である。

 

また、このニュースは日本だけでなく、海外でも話題となっている。

 

若き実力のあるスイマーを襲ったこの試練を乗り越えて、彼女の強い姿を見られる日を待ち望んでいる人は数多くいる。

 

病魔に打ち勝ち、元気な姿で東京オリンピックへ挑戦する姿が見られることを祈るばかりです。

 

日本語記事

https://www.daily.co.jp/general/2019/02/12/0012058983.shtml?pg=amp

 

English Article 

https://www.japantimes.co.jp/sports/2019/02/12/more-sports/swimming/star-japanese-swimmer-rikako-ikee-star-announces-leukemia-diagnosis/#.XGK5y6RcWEc

宇野昌磨 大逆転優勝

男子の4大陸フィギュア選手権が行われ、ショートプログラム4位で迎えた宇野昌磨が、逆転での優勝を果たした。

 

また、羽生結弦が記録したフリーの最高得点である190.43点を更新する197.36点として、シニア国際大会での初の金メダルを獲得した。

 

全日本選手で右足首を負傷し、4大陸選手権での練習中に更に悪化し、この状況を抱えたまま

本番を迎えていた。

 

演技終了後、リンクにうずくまり痛みをこらえての演技に彼自身が一番辛かっただろう。

 

怪我を回復させて、3月の世界選手権に挑んでほしい。

 

また、羽生結弦も世界選手権から復活すると言われているので、日本人のワンツーフィッシュを期待したい!

 

日本語記事

https://www.sanspo.com/sports/amp/20190211/fgr19021105040002-a.html

 

English article 

https://www.japantimes.co.jp/sports/2019/02/10/figure-skating/shoma-uno-captures-four-continents-title-world-record-breaking-free-skate/#.XGFTi6RcWEc

紀平梨花 5位から逆転優勝

フィギュアスケートの4大陸選手権にて、女子ショートプログラムで5位と出遅れた紀平梨花が、逆転で優勝を果たした。

 

練習での左手薬指の亜脱臼の影響から、ショートプログラムは不発に終わっていた。

 

しかし、一年前の教訓を活かし、3回転半の跳び方を研究し調整していた。

 

いざ、演技が始まると、神経を研ぎ澄ませて4連続を含め7度の着氷で、4分間の演技を完璧に終えた。

 

また、今季のフリーに関して言えば、7戦出場して全てで1位となり、国際大会では無傷の5連勝となる。

 

この優勝で、同一シーズンでGPファイナル、4大陸フィギュアを制覇し、今後は3月に行われる世界選手権での優勝を目指す。

 

同一シーズンでの3冠は、女子では誰も達成しておらず、未知の領域に挑む!

 

日本語記事

https://www.sanspo.com/sports/amp/20190210/fgr19021005050001-a.html

 

English Article 

https://www.japantimes.co.jp/sports/2019/02/09/figure-skating/rika-kihira-wins-four-continents-title/#.XF_sq6RcWEc