ラグビーワールドカップ 日本代表 決勝トーナメント進出

ラグビーワールドカップ、プールA日本対スコットランド戦が行われ、日本代表は勝利または引分以上で決勝ラウンド進出の大一番。

 

日本代表は、開始序盤にスコットランドにトライをされ先制されるが、オフロードパスをうまく使い、松島選手のトライで同点に追いつく。

 

その後も、前半に稲垣選手と福岡選手のトライで、21対7でスコットランドに対してリードで折り返す。

 

後半開始すぐに、福岡選手が相手からボールを奪い、そのまま独走トライを決め、28対7で試合はほぼ決まったかに思えた。

 

しかし、スコットランドも意地を見せ、反撃に転じて、後半20分までに2トライを奪い、28対21と7点差まで詰め寄ってきた。

 

ここからの20分間は、お互いの意地がぶつかり、時には、激しく詰め寄る場面もあったが、日本代表は、誰一人として止まることなく、守備をして、スコットランドの攻撃をとめて、見事にノーサイドで勝利した。

 

予選リーグ4勝として1位通過を決め、日本代表として初めての決勝トーナメント進出した。

 

次の決勝トーナメント1回戦は、前回大会で倒した南アフリカ

 

まだまだ続く日本代表の進化を楽しみに、更に突き進んでほしい!

ラグビーワールドカップ スコットランドvsサモア

日本と同じA組の試合である、スコットランドvsサモアが神戸で行われた。

 

スコットランドは、第1戦のアイルランド戦ではノートライでの負けとなり、サモアは、第1戦のロシア戦では、ロシアをノートライで封じ勝っている。

 

また、両チームにとってこの1戦は、決勝トーナメントに進出するためにも大事である。

 

試合は、スコットランドが先制すると、キックパスを見せるなど、序盤から試合を有利にすすめていった。

 

後半もサモアの攻撃をシャットアウトし、認定トライを2本決めるなど、34対0でサモアに対しノートライでの勝利となった。

 

これでA組は、2勝の日本、1勝のアイルランドスコットランドサモアが続いており、最終戦まで気の抜けない戦いが行われる予選になっている!

ラグビーワールドカップ アイルランドに大金星

日本代表の第2戦である、アイルランド戦が静岡県エコパスタジアムで行われた。

 

アイルランドは、世界ランキング1位のチームであり、日本代表にとっては、かなり格上の相手であり、前評判では勝つのは難しいと言われていた。

 

前半は、田村選手がペナルティゴールを外した直後に、トライをとられたが、日本もその後、ペナルティゴールを3本決めて、9対12の3点差で折り返す。

 

後半もアイルランドに攻められる場面もあったが、しっかりとした守備で、スクラムを組んだり相手のファウルを誘ったりして、アイルランドの攻撃をシャットアウトした。

 

とうとう、後半20分すぎに、途中出場した福岡選手が、逆転のトライを決めて、ペナルティゴールを決めて、19対12で勝利した。

 

日本代表は、前回大会の南アフリカに続いて、 今大会ではアイルランドを倒す、ジャイアントキリングを見せた。

 

日本ラグビーが、強くなっていることを証明することが出来だろうし、これで決勝トーナメント進出に大きく前進した。

ラグビーワールドカップ 2日目・3日目

日本対ロシアの開幕戦の後は、強豪国の対決が数多く見られた。

 

その中でも注目の2試合は、ニュージランド対南アフリカアイルランドスコットランドであっただろう。

 

ニュージランド対南アフリカは、実質上の決勝戦とも言われており、世界の最高峰のプレーを多いに見せ、約6万人のファンは興奮しただろう。

 

試合は、ニュージランドが前半に2トライを奪い、後半に南アフリカが1トライを返すも23対13でニュージランドが勝利した。

 

もうひと試合は、日本と同じプールAにいるアイルランドスコットランドである。

 

アイルランドは世界ランクNo.1のチームでありスコットランドは前回大会で日本に勝利している。

 

アイルランドはパワーを重視してスクラムで押してトライをとるスタイルで前半からトライをとっていく。

 

スコットランドも何とかトライを取ろうとするが、結果は27対3で勝利し、スコットランドはノートライとなった。

 

次戦は日本と対戦するので、日本は強敵との戦いをどうするかが注目だろう。

 

まだまだ続く熱い戦いに、ファンは酔いしれることだろう!

ラグビーワールドカップ開幕

9月20日(金) 日本でラグビーワールドカップが開幕した。

 

その開幕ゲームは、開催国の日本vsロシアが東京スタジアムで行われた。

 

日本は前回大会の南大会で、南アフリカを倒すジャイアントキリングを見せ、日本のファンを多いに沸かすことができた。

 

今大会では、前回大会を上回るベスト8を狙っている日本にとっては、大事な初戦である。

 

ゲーム展開は、いきなりロシアに先制トライを奪われたる苦しいものとなったが、松島幸太郎選手のトライが前半で2トライを奪い、12対7とする。

 

後半も日本の勢いは衰えることはなく、松島選手が、日本代表としては初のハットトリックを決めるなど攻撃の手をゆるめず、30対10で初戦を終えた。

 

大事な初戦を勝つことができたのは、日本にとっては大きな要因だろう。

 

ここから始まる約45日の戦いで、世界のラグビーファンを多いに楽しませてくれる大会になることは間違いない!

久保建英 マジョルカデビュー

レアルマドリードからレンタルでマジョルカへ移籍した久保建英選手が、マジョルカでデビューした。

 

この試合の2日前は、日本代表としてカタールワールドカップの2次予選であるミャンマー戦に出場し、最年少でのワールドカップ予選出場を果たしていた。

 

ミャンマーからスペインまでは、約9000キロの移動をして、すぐにチーム練習へ合流した久保選手は、周囲からの評価も高く、またチーム内でのコミュニケーションも上手くいっている模様だ。

 

久保選手は、ビルバオ戦に途中出場をし、PKのチャンスを演出したが、チームがこれを活かすことができず引き分けとなった。

 

しかし、地元のメディアでは、魔術師タケや革命をもたらす男など評価は高く、今後の活躍も期待されている!

バスケットワールドカップ アメリカ代表

中国で行われているバスケットのワールドカップにて、バスケット大国であるアメリカが、セルビアに敗れるという波乱が起きた。

 

前日のフランス戦でも敗れて、国際大会での連勝記録が48でストップしたばかりだったであり、更に連敗と負の流れを止めることができなかった。

 

アメリカは、2006年の大会でギリシャに敗れて以降は、五輪での3度の金メダル、W杯での2度の優勝と無敵の存在となっていた。

 

しかし、今大会の登録選手は、2番手選手と言われており、一番手の選手が数多く辞退したことも敗因だとも言われている。

 

あと1年後に迫った東京五輪で、再び強いアメリカを観たいファンのためにも復活してほしい!

バスケット日本代表 ワールドカップ

中国で行われているバスケットワールドは、日本代表は3戦全敗で一次ラウンド敗退となり、順位決定戦でニュージランド代表と対戦した。

 

ニュージランドは世界ランキング38位と日本の48位と格上の相手であったが、81対111と30点差をつけられての完敗であった。

 

この試合では、八村選手や篠山選手がコンディション不良となり、ベストメンバーでの戦いができない状況であった。

 

試合後には、渡邉選手が報道陣に質問に対し、日本代表として恥となる内容と答え、4戦目で最多失点のことを語っていた。

 

まだ、順位決定戦は続くので、気持ちを切り替えて頑張ってもらいたい!

バスケ日本代表 ドイツ代表に勝利

バスケットボール日本代表が、ドイツ代表との強化試合を行い、86対83で世界ランキングで格上の相手に勝利した。

 

ワールドカップ前に、鬼門の欧州勢から勝利をして勢いをつけた。

 

また、この試合で活躍したのが、NBAウィザーズに所属する八村塁選手である。

 

八村選手は、両軍最多の31得点と活躍し、ドイツ代表を終盤で逆転する形となった。

 

ドイツ代表は、NBAに所属する選手が3人を揃えたが、最終クォーター残り1分45秒で日本代表に逆転されて、勝利を逃した。

 

この勝利を31日に開幕するワールドカップにも活かしてもらいたい!

大谷翔平 2年連続 2桁本塁打&盗塁

エンゼルスに所属する大谷翔平選手が、パイレーツ戦に先発出場し、5打数2安打1盗塁を記録した。

 

試合は、7対10で敗れたが、ヒットは4試合連続となった。

 

大谷は、デビューから2年連続で、15本塁打&10盗塁をチームとして初めて記録したのに加え、日本人メジャーリーガーでは、井口資仁選手以来の2年連続2桁本塁打&盗塁となった。

 

今年は、膝の手術で出遅れたものの、6月にはサイクル安打を達成するなど、今シーズンも好調をアピールしている。

 

大谷の更なる活躍により、チームが勝利を積み上げることを期待する!